相続 不動産登記/司法書士伊藤博子事務所(三重県/桑名市)

所有権保存登記/相続 不動産登記

相続 不動産登記に関する基礎知識記事や事例
  • 所有権保存登記所有権保存登記

    不動産登記は、表題部と権利部に大別できます。表題部は、所在や種類、構造など不動産の物理的現況が記録される部分で、権利部は、誰がどんな権利を有しているかというように不動産の権利関係が記録される部分...

  • 相続登記とは相続登記とは

    相続登記とは、相続による所有権移転登記のことです。被相続人が死亡すると、被相続人が所有していた不動産は、相続人に引き継がれます。そこで、相続登記により、被相続人から相続人に所有権が移転したことを...

司法書士伊藤博子事務所が提供する基礎知識と事例
  • 登録免許税について(商業登記の場合)登録免許税について...

    商業登記の場合の登録免許税は、会社設立において納める税です。法人設...

  • 任意整理できない場合任意整理できない場合

    債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産などの方法がありますが、...

  • 成年後見制度の課題成年後見制度の課題

    成年後見制度の今後の課題は知名度を高める事です。この制度が出来てか...

  • 遺言書の検認遺言書の検認

    遺産相続が発生したとき、遺言があればそれが正しいものなのかどうかの...

  • 支店設置登記支店設置登記

    支店設置登記は商業登記の一種です。会社の事業所は1箇所だけであるケ...

  • 合同会社のメリット合同会社のメリット

    会社設立の中でも、特に合同会社のメリットをご紹介します。個人事業を...

  • 債務整理債務整理

    債務整理とは、借金が支払えなくなってしまった場合に法律的な対応を持...

  • 会社設立後の手続き会社設立後の手続き

    会社設立には設立費用がかかるのですが、合同会社の設立費用はどのよう...

  • 債務整理と任意整理の違い債務整理と任意整理の違い

    債務整理と任意整理の違いは無く、債務整理とは、返せなくなった借金を...

所有権保存登記|相続 不動産登記

ページトップへ