遺言書の検認/司法書士伊藤博子事務所(三重県/桑名市)

司法書士伊藤博子事務所(三重県/桑名市)|遺言書の検認

遺言書の検認

遺産相続が発生したとき、遺言があればそれが正しいものなのかどうかの確認が必要で、この行為を遺言書の検認といいます。故人が遺言を残していた場合には、すぐにその内容を確認する前に、裁判所へ遺言書の検認のために提出したほうがいいです。なぜなら下手に開封してその内容を改ざんしたなどの疑いをかけられて、万が一それが認められると相続欠格事由にあたり、相続ができないこともありますので注意してください。そのような事態を防ぐためにもできる限り未開封のままでその内容を確認してもらうほうがいいです。この遺言書の検認には例外があり、公証人の立会いのもとで作成した公正証書遺言は検認が不要で、そのまま内容が有効になります。しかし秘密および自筆普通のものについては必ず遺言書の検認が必要ですので、発見後速やかに相続人の住所を管轄する家庭裁判所に提出してください。その遺言書の検認がおわって正しいものであるとの確認後、相続についての具体的な話が進むことになります。

司法書士伊藤博子事務所が提供する基礎知識と事例
  • 会社設立の手続き会社設立の手続き

    会社設立の手続きは、会社の登記を行うところから始まります。まず明記...

  • 商業登記商業登記

    会社を起こす際に必要なのは会社設立の登記です。この登記をすることで...

  • 遺産相続の相談について遺産相続の相談について

    被相続人である人が死亡した場合、その人の遺産は相続人によって遺産継...

  • 代償分割代償分割

    ある人物が死亡した場合、その人が生前に築き上げた財産は相続によって...

  • 登録免許税について(商業登記の場合)登録免許税について...

    商業登記の場合の登録免許税は、会社設立において納める税です。法人設...

  • 抵当権設定登記抵当権設定登記

    債務が約束通り弁済されない場合、不動産に設定した抵当権を実行するこ...

  • 遺言書の検認遺言書の検認

    遺産相続が発生したとき、遺言があればそれが正しいものなのかどうかの...

  • 生前贈与生前贈与

    土地や建物などの不動産を贈与した場合、その不動産をもらった方へ贈与...

  • 任意整理する場合の保証人について任意整理する場合の...

    借金で苦しんでいる人の中には、多数の金融機関から借り入れを行ってい...

遺言書の検認|司法書士伊藤博子事務所(三重県/桑名市)

ページトップへ