登録免許税について(商業登記の場合)/司法書士伊藤博子事務所(三重県/桑名市)

司法書士伊藤博子事務所(三重県/桑名市)|登録免許税について(商業登記の場合)

登録免許税について(商業登記の場合)

商業登記の場合の登録免許税は、会社設立において納める税です。法人設立の際に、収入印紙で納める必要があります。たとえば、株式会社の登録免許税は、資本金の1000分の7の金額か15万円のいずれか大きい金額を、合同会社の登録免許税は、資本金の1000分の7か6万円のいずれか大きい金額を、会社の登記申請を行う際に必要な書類とあわせて、収入印紙にて納めます資本金は自由に設定できるのですが、少なすぎると対外的な信用が得にくい場合もあります。登録免許税は会社を経営する前に収めるもので、会社設立時に法務局へ納める税金です。経理上は租税公課として処理されます。会社設立に必要な税金を抑えることで設立費用を低く抑えることができるので、ご確認の上、商業登記を行うように心がけてください。

司法書士伊藤博子事務所が提供する基礎知識と事例
  • 遺言書の検認遺言書の検認

    遺産相続が発生したとき、遺言があればそれが正しいものなのかどうかの...

  • 遺言遺言

    自分の資産などについて、自分が死亡した後には、親族などの相続権利者...

  • 成年後見制度の問題点成年後見制度の問題点

    成年後見制度は、高齢やその他精神疾患などにより正常な判断が出来ない...

  • 債務整理をする際の車ローンについて債務整理をする際の...

    車のローンがある状態で債務整理を行うと、その車はどうなるのでしょう...

  • 抵当権設定登記抵当権設定登記

    債務が約束通り弁済されない場合、不動産に設定した抵当権を実行するこ...

  • 相続・遺産継承相続・遺産継承

    人が亡くなったときに、資産などの所有権がなくなるので、その資産など...

  • 会社設立の手続き会社設立の手続き

    会社設立の手続きは、会社の登記を行うところから始まります。まず明記...

  • 遺産相続の相談について遺産相続の相談について

    被相続人である人が死亡した場合、その人の遺産は相続人によって遺産継...

  • 不動産登記簿謄本の取得方法不動産登記簿謄本の...

    不動産登記を行っているところでは、その登記情報を取り寄せることが出...

登録免許税について(商業登記の場合)|司法書士伊藤博子事務所(三重県/桑名市)

ページトップへ