不動産登記/司法書士伊藤博子事務所(三重県/桑名市)

司法書士伊藤博子事務所(三重県/桑名市)|不動産登記

不動産登記

家や土地などの不動産を売ったり、買ったりした場合に公にその物権が自分のものであることを主張するためには、不動産登記をしなければなりません。なぜ必要かといいますと、一つの不動産について不動産登記しないままでいると、後からその不動産について取引を行った者がいた場合、その者が不動産の移転登記をすれば、前者はその取得の権利の主張できないことになります。これを不動産登記の対抗力といって、最終的な権利主張の根拠になりえるものです。またこうした所有権移転登記のみならず、担保物権の設定たとえば抵当権の設定も、担保契約を締結しただけで登記しないと対抗力が発生せず、あとに契約により発生した抵当権を有する人が先に登記すれば、その人が優先して返済を受けることになってしまいます。このように不動産について取引した場合、権利の実態にあった不動産登記を申請していないと、権利を第三者に主張できないばかりか、実質的に権利の取得もできないことになります。

司法書士伊藤博子事務所が提供する基礎知識と事例
  • 合同会社合同会社

    合同会社とは、2006年の新会社法で日本版LLCが認められ(合同会...

  • 会社設立会社設立

    会社設立とは、一言で言えば事業を行うことを目的として法人格を取得す...

  • 任意整理する場合の保証人について任意整理する場合の...

    借金で苦しんでいる人の中には、多数の金融機関から借り入れを行ってい...

  • 遺産相続の相談について遺産相続の相談について

    被相続人である人が死亡した場合、その人の遺産は相続人によって遺産継...

  • 任意整理できない場合任意整理できない場合

    債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産などの方法がありますが、...

  • 会社設立の手続き会社設立の手続き

    会社設立の手続きは、会社の登記を行うところから始まります。まず明記...

  • 商業登記商業登記

    会社を起こす際に必要なのは会社設立の登記です。この登記をすることで...

  • 成年後見制度の課題成年後見制度の課題

    成年後見制度の今後の課題は知名度を高める事です。この制度が出来てか...

  • 不動産登記不動産登記

    家や土地などの不動産を売ったり、買ったりした場合に公にその物権が自...

不動産登記|司法書士伊藤博子事務所(三重県/桑名市)

ページトップへ