不動産登記簿謄本の取得方法/司法書士伊藤博子事務所(三重県/桑名市)

司法書士伊藤博子事務所(三重県/桑名市)|不動産登記簿謄本の取得方法

不動産登記簿謄本の取得方法

不動産登記を行っているところでは、その登記情報を取り寄せることが出来ます。不動産登記簿謄本と昔は言っていましたが、最近では正確には全部事項証明書と読んでいます。その全部事項証明書は建物と土地との2種類があります。例外としてマンションの場合だけは1種類だけです。この不動産登記の取得には最寄りの法務局に赴いて、登記の証明書類の交付を受ける必要があります。登記自体は誰でも取り寄せることが可能ですが、土地や建物が存在するところの登記がなされていない未登記物件の場合は、当然ながら取り寄せることは出来ません。全部事項証明書の言い方はなかなか浸透していません。したがって、不動産登記簿謄本と言っても伝わることが多くなります。ただ、特に税金等の役所などにあっては、全部事項証明書の建物を持ってきてくださいと言ったように言われることがあります。昔の登記簿謄本のことだと思って確認の上で取得し、持参するようにした方がよいでしょう。

司法書士伊藤博子事務所が提供する基礎知識と事例
  • 合同会社のメリット合同会社のメリット

    会社設立の中でも、特に合同会社のメリットをご紹介します。個人事業を...

  • 登録免許税について(商業登記の場合)登録免許税について...

    商業登記の場合の登録免許税は、会社設立において納める税です。法人設...

  • 商業登記商業登記

    会社を起こす際に必要なのは会社設立の登記です。この登記をすることで...

  • 遺産分割協議遺産分割協議

    遺産分割協議とは、相続発生時、遺言が残されていない場合に、相続人間...

  • 会社設立の手続き会社設立の手続き

    会社設立の手続きは、会社の登記を行うところから始まります。まず明記...

  • 遺言遺言

    自分の資産などについて、自分が死亡した後には、親族などの相続権利者...

  • 役員変更登記役員変更登記

    会社を設立する際は、法務局で会社の登記をします。この登記とは、商業...

  • 債務整理と任意整理の違い債務整理と任意整理の違い

    債務整理と任意整理の違いは無く、債務整理とは、返せなくなった借金を...

  • 相続登記とは相続登記とは

    相続登記とは、相続による所有権移転登記のことです。被相続人が死亡す...

不動産登記簿謄本の取得方法|司法書士伊藤博子事務所(三重県/桑名市)

ページトップへ