所有権保存登記/司法書士伊藤博子事務所(三重県/桑名市)

成年後見制度の問題点/所有権保存登記

所有権保存登記に関する基礎知識記事や事例
  • 成年後見制度の問題点成年後見制度の問題点

    成年後見制度は、高齢やその他精神疾患などにより正常な判断が出来ないと認められる場合にその親族の申請により代理人を認め、重要な判断などをその代理人に一任するという制度です。この代理人を一般的に後見...

  • 所有権保存登記所有権保存登記

    不動産登記は、表題部と権利部に大別できます。表題部は、所在や種類、構造など不動産の物理的現況が記録される部分で、権利部は、誰がどんな権利を有しているかというように不動産の権利関係が記録される部分...

司法書士伊藤博子事務所が提供する基礎知識と事例
  • 自筆証書遺言自筆証書遺言

    自筆証書遺言とは、最も一般的な遺言です。民法が規定するルールさえ守...

  • 任意整理できない場合任意整理できない場合

    債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産などの方法がありますが、...

  • 生前贈与生前贈与

    土地や建物などの不動産を贈与した場合、その不動産をもらった方へ贈与...

  • 合同会社合同会社

    合同会社とは、2006年の新会社法で日本版LLCが認められ(合同会...

  • 商業登記商業登記

    会社を起こす際に必要なのは会社設立の登記です。この登記をすることで...

  • 債務整理をする際の車ローンについて債務整理をする際の...

    車のローンがある状態で債務整理を行うと、その車はどうなるのでしょう...

  • 遺言遺言

    自分の資産などについて、自分が死亡した後には、親族などの相続権利者...

  • 支店設置登記支店設置登記

    支店設置登記は商業登記の一種です。会社の事業所は1箇所だけであるケ...

  • 登録免許税について(商業登記の場合)登録免許税について...

    商業登記の場合の登録免許税は、会社設立において納める税です。法人設...

成年後見制度の問題点|所有権保存登記

ページトップへ