成年後見制度の問題点/司法書士伊藤博子事務所(三重県/桑名市)

司法書士伊藤博子事務所(三重県/桑名市)|成年後見制度の問題点

成年後見制度の問題点

成年後見制度は、高齢やその他精神疾患などにより正常な判断が出来ないと認められる場合にその親族の申請により代理人を認め、重要な判断などをその代理人に一任するという制度です。この代理人を一般的に後見人と言いますが、この後見人の権利範疇が非常に難しい制約があるため、社会問題になっています。特に多いのが、不動産登記に関する問題です。本人が正常であった時点で登記をした不動産に関し、後見人が本人や本人の知らないうちに所有権保存登記を変更し、その所有権を移転させてしまうものです。所有権保存登記は原則として、建物を建設したときに行う建物表題登記の筆頭に記載している所有者本人が行う決まりがあります。しかし、この本人が成年後見制度を受けている場合には、本人に代わって建物表題登記の筆頭記載者として取り扱われるため、独断で所有権保存登記を変更することができるのです。近年、この制度を利用して不動産を横領したりする例が増えています。

司法書士伊藤博子事務所が提供する基礎知識と事例
  • 債務整理債務整理

    債務整理とは、借金が支払えなくなってしまった場合に法律的な対応を持...

  • 合同会社のメリット合同会社のメリット

    会社設立の中でも、特に合同会社のメリットをご紹介します。個人事業を...

  • 債務整理と任意整理の違い債務整理と任意整理の違い

    債務整理と任意整理の違いは無く、債務整理とは、返せなくなった借金を...

  • 本店移転登記本店移転登記

    商業登記にて会社設立手続きを行い、登記が無事済んでいよいよ会社経営...

  • 自筆証書遺言自筆証書遺言

    自筆証書遺言とは、最も一般的な遺言です。民法が規定するルールさえ守...

  • 支店設置登記支店設置登記

    支店設置登記は商業登記の一種です。会社の事業所は1箇所だけであるケ...

  • 遺産相続の相談について遺産相続の相談について

    被相続人である人が死亡した場合、その人の遺産は相続人によって遺産継...

  • 登録免許税について(商業登記の場合)登録免許税について...

    商業登記の場合の登録免許税は、会社設立において納める税です。法人設...

  • 債務整理をする際の車ローンについて債務整理をする際の...

    車のローンがある状態で債務整理を行うと、その車はどうなるのでしょう...

成年後見制度の問題点|司法書士伊藤博子事務所(三重県/桑名市)

ページトップへ